信学会トップ>幼稚園・キッズ >

わかば保育園からのお知らせ

2017年6月16日

保育参観:優秀実践提案研究会

6月3日(土) 保育参観と、ソニー幼児教育支援プログラム優秀実践提案研究会が行われました。

室内での活動と親子でひまわりの種まきを観ていただきました。

DSC00036DSC00034

0・1歳児クラス  「風船で遊ぼう」

DSC00030DSC00028

2歳児クラス  「ボール転がしをして遊ぼう」

DSC00038DSC00039

3歳児クラス  「ブロッコリーの種まきをしよう」

DSC00046

4歳児クラス  「ふれあい遊びをしよう」

DSC00004

5歳児クラス  「お蚕様のお家を作ろう」

 

そして、ぽかぽか畑では・・・・・・・・

全園児親子でひまわりの種まきをしました。

wakaba-0041wakaba-0045

一番小さいもも組のお友だちも、小さな手で一生懸命ひまわりの種をまく姿がありました。

 

wakaba-0032wakaba-0023

種蒔きをしていたら、お~きなミミズがでてきたよ\(^o^)/

wakaba-0035

「ミミズさん、ばいばい!またね。」 ちゃんとミミズさんをお家に返してあげていました。

 

wakaba-0001

親子で一列になって、畑の端からみんなで種まきをしていきました。

wakaba-0108wakaba-0111

黙々と・・・・・

wakaba-0099wakaba-0102

お母さんとの種まきは、楽しい!!   「早く芽を出してね。」

 

wakaba-0080wakaba-0075

この日は、以前種まきをしてあった大豆の苗の定植も行われました。根っこを痛めないように、応援隊の皆さんのご指導を受けながら、マルチに植えました。

 

wakaba-0086wakaba-0089

「あ~、汗かいた~」 思わず川で顔を洗う子も・・・・・   畑の周りは不思議がいっぱい!!

 

子どもと一緒に軍手もせずに土に関わってくださった保護者の方がたくさんいらっしゃたことが、本当にうれしかったです。

種を蒔くために、手で土を掘った子が、「上はあったかいけど、土の中はつめたいんだね。」とつぶやく姿、手で土を実際触れてみて感じた一言、

大豆の種まきの際、大豆を手渡されて、とっさににおいをかぐ子、子どもたちは五感をつかって、全身で自然に関わることに、職員一同感動した一日となりました。

午後は、「科学する心を育てる」を研究主題に、県内外の保育園や学校関係者約60人にご参加いただき、実践発表やパネルディスカッションが行われました。

DSC00047

DSC00048DSC00049

保育園,学校関係、保護者会、地域の方々等、様々な立場の方から貴重なご意見をたくさんいただきました。

栽培・飼育活動を通して、私たち保育者も子どもと共に自然の中に身を置き、子どもたちの発見や不思議をこれからも共に感じ喜びあえる保育者でありたいと思います。

たくさんのご意見ありがとうございました。

 

 

基本情報

〒391-0013
住所:茅野市宮川11020
TEL:0266-72-7016
FAX:0266-72-7016
⇒ ACCESS MAP

お知らせカテゴリー

TOP